ロゴ 日本人の80パーセントは腰痛持ち

メイン画像

日本人の80パーセントは腰痛持ち

腰痛でお悩みの方~?!という場面があれば、たくさんの手が上がるでしょう!腰痛に悩む方はたくさんいます。主婦の友社が刊行している雑誌【腰痛に効く!全国治療院ガイド】も発売されていますが、こちらは主婦の友社の公式本です。こちらの本に紹介されているのは、もちろん腰痛治療の達人達。鍼灸、カイロプラクティック、整体といった様々なジャンルに渡って腰痛治療の達人が紹介されています。腰痛に悩む日本人の数はなんと、2800万人とも言われていて日本人の80パーセントが人生の間に腰痛を患う!とも言われています。腰痛を患っている人の多さがお分かりになると思います。

つら~い腰痛

あぐっっーーー!!と突然やってくる「ぎっくり腰」もありますが、普段から腰が痛い・・腰が重いという方もいます。妊娠中の妊婦さんも腰の痛みを妊娠中の後期に訴えることが多くなります。お腹が大きくなってきて、足元もおぼつかない状態で腰の痛みから腰に手を当てて、手すりにつかまっている姿の妊婦さんをみるとこれはかなり辛そうだ・・と感じてしまいます。

腰痛には、急な激痛が走るいわゆる「ぎっくり腰」と言われる腰痛の他にも様々な腰痛の種類があります。「腰が痛い!」と思ったとき、この痛みの原因はこの腰ね!!と思ってしまいますが、腰痛の原因はいろいろあって腰が理由だけではないことが多くあります。以前は、背骨の疾患であったり、内臓が原因の痛みや、関節・筋肉の損傷が原因だと見られていましたが、最近では心理的な影響も腰痛の原因に関わっているのでは?!という見方がなされています。

腰痛の原因として上げられること

体を酷使する肉体労働であったり、重たい荷物を運搬してする仕事に従事する人も腰痛になることもあれば、デスクワークで特に体を動かすわけでもない職業でも腰痛になることがあります。スポーツをした後に腰痛を訴えることもありますし、たくさん眠ってしまった後に腰痛を感じることもあります。

肥満も原因

また肥満が腰痛の原因になることももちろんあります。お腹に脂肪というお肉がついてくると、体の重心線がずれてきます。体を安定させるために、無意識のうちに身体が反り気味になってくるので、重心線がずれてしまうため、腰痛を起しやすくなってしまいます。そして、重心線がずれて「出っ尻」になってしまいます。背骨は緩やかななS字カーブになっていますが、お腹は前で突き出しお尻は後方へ突き出していまうと、身体が反った状態になってしまいます。反った状態でいると、関節は圧迫されて負担となってしまいます。そして、当然ながら負担がかかった関節は機能が低下してしまいます。関節付近の痛みを感じる神経が、腰を動かした時に痛みとして感じることにも繋がってしまいます。

疲労も原因

腰が重たくなってだるさを感じた時の腰痛は、腰を支える筋肉や靭帯などが慢性的な疲労と緊張感から起こるといわれいます。この場合には、背骨の横にある筋肉が硬くなっていて張っている状態になっていることが多くなっています。

慢性的な腰の疲労は、姿勢の悪さ・長時間の車の運転・長時間のデスクワークといった日常生活の中に腰の疲労となる原因があります。どんなに腰が痛くても、この場合はレントゲン写真を撮影しても、異常が見られませんが本人はとにかく腰の痛みを感じます。

そして慢性的な疲労が原因の腰の痛みの場合には、腰痛を繰り返してしまうことが多くなっています。長時間同じ姿勢をとることが原因になっているので、30分~1時間ごとに胸を開くストレッチをしたり、することで猫背のような前屈姿勢を解放してあげることが必要にないます。適度なストレッチをとることで、背骨のS字カーブにも良い影響になり、腰への負担を軽減することができます。

血流の悪さが原因

姿勢の悪い状態が続くと、身体の左右対称そして前後とバランスが崩れます。そして背骨がゆがんでしまうと、背骨の横に流れている太い血管や神経の流れが圧迫されてしまいます。血流が滞ってくると、身体に必要な酸素や栄養分が届かなくなってしまい、神経の圧迫によって痛みとして表れてきます。

血液には疲労物質を回収するという役割がありますが、疲労物質を効率よく回収するには血液が必要になります。血行が悪くなってしまうと、代謝が滞ってしまい疲労物質が蓄積されてしまうので、疲労が蓄積され痛みとして身体に感じます。

ぎっくり腰

ある日突然!!その時がやってくるかもしれません。それは『ぎっくり腰』です。正式名称は『急性腰痛症』ですが、まさに腰に【ギクッ!!】と瞬間的な痛みが走ります。なった人は「信じられないほど痛かった」などと言いますが、過大表現ではありません。まさに激痛。あぐぐぐぐぐううう・・・・とそのままの姿勢で固まってしまいました。

ぎっくり腰は若い人も要注意です。若くてもなる人はなります。ぎっくり腰になるキッカケですが、よく聞くのが「荷物を持ち上げようとした時」に激痛が走ってぎっくり腰になったという話を聞くかもしれません。荷物を持ち上げようとした時だけではないので気をつけてください!

嘘のように思えるかもしれませんが、くしゃみをした瞬間だったり、歯磨きをしてうがいをしようと前かがみになった瞬間だったにもぎっくり腰になります。ちなみに私の場合は椅子から立ち上がった瞬間になりました。中途半端な高さの椅子に、腰をかけていたのが理由のひとつですが、そのへんな高さの椅子から立ち上がろうとした時に「あぐぐぐぐぐぐーーーーーーーーー!!!、こ、こ、こ、腰が・・・・・・・」となってしまいました。

もちろん動くこともままならず、倒れるように横になってしまいました。もちろん話をしても、腰にズキンズキンと痛みが響くので大きな声で話すこともできずに、大変な目にあいました。病院に行こうにも動くのも思うように動けないので、ひたすら布団の上で少しでも痛みを緩和できるポジションをさぐりながら、横になるしかありませんでした。私の場合は、子供がいたので子どもに「ふとんをひいて」と指示を出すことができましたが、誰もいないときにぎっくり腰になったらどうしよう?!と不安になりました。【ギックリは突然にやってきます】その一撃はすごいパワーを秘めているので、急なぎっくりの時になにをすればいいのでしょう?!

急なぎっくり腰の対処法

すごい一撃のぎっくり腰になった時には、動けなくなってしまいます。そのまま床に座り込んでしまったまま、まるで岩のように固まってしまい動けなくなってしまうこともありえます。痛みの程度はいろいろあり、なんとか動けて日常生活が過ごせたけど、翌朝起き上がることができなくなってしまう人もいます。

楽になる姿勢

痛みが少ない姿勢は「四つん這い」です。いたたたた・・と痛みを感じたら、「四つん這い」になると、少しですが痛みが緩和されます。この姿勢はすべてのぎっくり腰の痛みの時にも共通する姿勢になります。

(1)「四つん這い」になって、まず呼吸を整えます。(痛みがすごいため、息が上がったり呼吸がかなり乱れているからです)

(2)「四つん這い」から、お尻をかかとにつけるように「正座」します。※この時のポイントは腰を丸くしないように気をつけましょう。腰を丸めたら痛みがはしることがあります。「正座」の姿勢が難しい場合はやめておきましょう。

基本は横になる

「四つん這い」は腰の激痛を、一時的に緩和するのに役立ちますが、腰の負担を減らすために一番よいのは横になって休むことです。横向きになると腰への負担が軽減されるので、基本は横になって休みましょう。その時には、両膝を曲げた状態で横向きの姿勢になると、腰への負担が軽減されます。

ツボを押す

横になったら、ツボをおしましょう。ツボの名前は「腰腿点:ようたいてん」と言います。

(1)人差し指と中指の間を手首の方向へなぞっていき、骨と骨とが交わる部分を、ちょっと痛いでも気持ちいいと感じる部分がツボです。約1分ぐらい片手ずつおします。(2)薬指と小指の間を、手首の方向へなぞっていき、骨と骨とが交わる部分を、ちょっと痛いでも気持ちいいと感じる部分がツボです。約1分ぐらい片手ずつおします。

冷やす

痛む患部を冷やします。アイスパックでもいいですし、氷嚢に氷と少しの水を入れて患部に当てます。冷たさで患部が痛く感じてしまうかもしれませんが、腰の痛みの深い部分まで冷やすためには、それぐらいの状態がベストです。この冷やすことを1日に数回行ないましょう。

腰を安定させる

腰を安定させてくれる腰痛用ベルトがあればいいのですが、もし腰痛用ベルトが無い場合には、長いマフラーや布を代用品として使って腰を安定させましょう。腰を巻いて腰を補強することで、立ち上がることができるのでどうしても立ち上がらなくてはいけない時などは、腰を巻きましょう。

(1)腰の部分を巻く・・・骨盤の上半分からウエストまでを含めて巻きましょう。腰の筋肉を補強するようになります。この巻き方をすると、体を動かすことができる範囲も狭くなるので、動きも制限されるため痛みを感じにくくなります。

(2)足の付け根を含めて巻く・・・太ももの横を骨盤の方へたどると、足の付けにある大きな骨があります。その骨を含めて上に引き上げる気持ちで巻き上げると、腰が安定するので痛みが軽減されます。骨盤を整えるようなつもりでギュッと巻きましょう。